お墓参りはいつまで行けばいいの?-上尾市での霊園選び

お彼岸やお盆シーズンになると。世間的にはお休みになることが多いです。
特にお盆シーズンは帰省する人が多く。高速道路などが混むことで有名ですね。
お盆やお彼岸にお墓参りをしに行く人が多いですが、お墓参りをいつまでにすればいいのでしょうか。調べてみることにしました。DC057

中陰法要 – Wikipedia

【お盆の期間について】

お盆は7月13日が迎え火。16日が送り火といいます。
関東都心を除くとお盆休みで家族がそろうとなれば。8月13日~16日に
お墓参りをする人が多いようです。ちょうど学生や会社も夏休みが多いですから。いいと思います。

【お彼岸の期間について】

お彼岸は、春分の日と秋分の日をはさんで、前後3日と7日になります。
彼岸というのは、悟りの世界のことで、太陽が真東から登って真西に沈む。
つまり、昼と夜が同じ長さになる日を彼岸と呼んで。この間に供養をすると
故人が極楽浄土に行けるという考えからです。
お彼岸の場合は、7日の間にいけば問題なさそうです。

【お墓参りは気持ちが大切】

お彼岸やお盆にどうしてもお墓参りに行けないという人は
とても多いと思います。しかし、どちらも故人やご先祖様に
帰ってきてもらえてる。という気持ちを持っていれば問題ないのです。
お墓参りは世間一般的には、この2つのシーズンが多いですが、
都合がつかなければ、行きたいときに行けばいいと思います。

上尾市 霊園でお墓を探し。終活の一歩に。

私ももし自分が死んだらいつでもいいよって遺族に残しておきたいです。
やはり負担はかけたくないですからね~。